目次
1 イカメタル・オモリグの魅力
2 シーズン
3 イカの種類と見分け方
4 タックル&釣り方Check〈イカメタル編〉
5 タックル&釣り方Check〈オモリグ編〉
6 もっと楽しくなるこだわりグッズ
7 まとめ

4 タックル&釣り方Check〈イカメタル編〉




イカメタル : タックルCheck!

1.鉛スッテ(イカメタル・メタルスッテ)専用ロッド
2.小型両軸(ベイト)リールor中型スピニングリール
3.道糸 PE 0.4~0.8号
4.リーダー フロロ2~3号
5.ドロッパー専用スッテ
6.鉛スッテ 10~20号

※仕掛けはお好みのエギと鉛スッテをつけるだけで使える市販品が便利です。

アイテムを見る







イカメタル : タックルはこれがベスト!

〈オススメロッド〉

「専門メーカー上位機種にもせまるコストパフォーマンス!」

釣り具メーカーではごく一部のフラグシップモデルにしか採用されていない金属製のティップを持つ竿です。この価格帯での金属製ソリッド採用モデルは通常では考えられないコストパフォーマンスです!超高感度金属ソリッド穂先により、今まで見逃していたような細かなあたりも瞬時にキャッチします。

アイテムを見る


「オールラウンド系で一日を制する」

イカメタルゲームでは近年流行のオールラウンドロッドもおすすめです。
ここ数年で定番となったデイメタルゲーム中、またはリレー便などでイカメタルの釣行時にもSLJやネギングなどを一緒にするシチュエーションが増えています。そんなときにオールラウンド系が1本あれば、一日を通してワンタックルで楽しめます。SLJ・オモリグ・イカメタルの使い分けとしたりサブロッドとしても活躍間違いなしです。

アイテムを見る







〈オススメリール〉

「エギング専用の頂点」

細糸を使用した繊細なゲームなので、自重が軽いだけでなく、操作性やドラグ性能が高いことも必須です。セフィアXRはエギングリール専用機種のフラッグシップということもあり、イカメタルゲームで求められる要素を網羅しています。

アイテムを見る







「軽さは武器!イカメタルに役立つ機能を網羅!」

殆どのカウンター付きリールが200gを超える中、ティエラICシリーズは最軽量の165g。
感度や操作性に直結する大きなアドバンテージがあります。さらに、標準仕様で110mmのロングハンドル採用、カウンターのLEDライト、デプスアラームなど汎用機種でありながらイカメタル専用といえるほどのスペックが網羅されています。特にデプスアラームは10mごとにアラームで水深を伝えるので、下を向く頻度が大幅に減ります。夜釣りは船酔いしやすくて...という方にもおすすめですよ!

アイテムを見る







〈オススメ鉛スッテ〉

左右非対称ボディで、アクション後に喰わせの間を演出します。またボディ後方につけられたキールにより、ステイ姿勢となった後は回転せずに安定してフォールするのでイカに警戒させることなくアピールします。

アイテムを見る


コストパフォーマンスNo.1!釣果の為にカラーを色々揃えたいけれどロストも怖い。そんなイカメタルゲームの強い味方です。エギ形状をベースにしているので、フォール姿勢もいうことなし。
これでフグやサゴシも怖くない!!

アイテムを見る







〈オススメドロッパー〉

ドロッパー使用を前提にしっかりスライドするように設計されています。抵抗の大きいドロッパーがついていていると、アクションをかけてもドロッパーまでアクションが伝わらないということが往々にしてありますが、ノリノリスッテではそんな心配は無用です。またフォールを水平スローフォールに設定しているので、じっくりとイカを誘います。

アイテムを見る


今までになかった素材「桃肌ボディー」を採用したドロッパーです。複雑な形状にも関わらず布巻エギの様な柔らかい肌触りで、さらに濡れると透けて生物感のある質感となります。
エンペラ形状のフィンによるゆらゆらフォールと相まって、警戒したイカも思わず抱いてしまうようなナチュラルアピールが可能です。

アイテムを見る


本年話題の新商品です。ここ数年でタフコンディションが進んでいるイカメタルゲームで、ドロッパーにエサ巻きスッテを使う方が増えました。しかしエサ巻きスッテは、釣れない時の切り札となる反面、フォール姿勢が安定しない、大きすぎる、手返しが悪い、などのデメリットもあります。
専用設計のクジラーはこのまま使っても、状況によりエサ巻きとして使っても、どちらもOKで、専用設計の為フォール姿勢も安定しています。
発売以来大ヒット。多くのアングラーが「こんなのが欲しかった!」と思っていたのは間違いないようです。

アイテムを見る







イカメタル : 釣り方Check!



1.仕掛け投入

狙ったタナ(深さ・層)まで仕掛けを落とす。日中はイカは海底にいるため、ボトム(底)からイカの泳層を探るのがデイゲーム。夜は、船の光に集まる獲物を追ってイカも浮上してくるため、浅めを攻めるのがナイトゲームとなります。つまり、イカがいるタナを探っていくことがスタートライン。
カウンター付きのベイトリールは水深を把握しやすいのでおススメです!


2.“誘い&タナ”が要!

シャクって止める、というのが基本アクション。スローフォール(ゆっくり落とすこと)やジャーク(竿をあおってルアーを素早くアクションさせること)を加えるなどして、反応が良いパターンを探り出すことが重要となります。状況に応じてスッテやエギの仕様や組み合わせを変えてみましょう。アタリパターンがわかれば、そこから集中的に釣れます。反応がぴたりと止まれば、再びイカのいるタナを探っていきましょう。


3.合わせに集中!

“抑え込むアタリ”の他、イカがスッテを抱くことでスッテの重さがふわっと消えるような“抜けアタリ”があります。違和感を察知したら合わせましょう!イカがかからなくても合わせの動作が誘いになり、次のあたりにつながります。しゃくったりあわせたりした直後は特に当たるので、集中してとにかく違和感があればあわせる!これが大切です。


4.巻上げ

スッテやエギの鉤(カンナ)にはカエシがないため、糸がたわむ瞬間にイカが外れてしまいます。そのため、しっかり合わせた後は、糸がたるまない様に一定速度で巻くのがポイントです。