目次
1 イカメタル・オモリグの魅力
2 シーズン
3 イカの種類と見分け方
4 タックル&釣り方Check〈イカメタル編〉
5 タックル&釣り方Check〈オモリグ編〉
6 もっと楽しくなるこだわりグッズ
7 まとめ

5 タックル&釣り方Check〈オモリグ編〉




      

1.オモリグ専用 or 鉛スッテ(イカメタル・メタルスッテ)専用ロッド
2.中型スピニングリール
3.道糸 PE 0.4~0.8号
4.オモリグ専用親子サルカン
5.オモリグシンカー
6.リーダー フロロ2.5~3号
7.エギ 2.5号前後

※仕掛けはお好みのエギと鉛スッテをつけるだけで使える市販品が便利です。

アイテムを見る


オモリグとは、オモリ(シンカー)を用いるリグ(仕掛け)の意味です。イカメタルはスッテ自体がオモリとなっているのに対し、オモリグは、仕掛けを沈めるためのオモリ、イカを誘うスッテと役割が別れています。またスッテが漂いやすいような長いリーダーも特徴的です。
これにより自然にスッテを漂わせることができるため、一般的にオモリグは食い渋りや警戒心の強い大型に有効と言われています。また、“縦”で攻めるイカメタルに対し、オモリグはキャストして広めの範囲を“横”に攻めるというのも大きな違いです。大型のイカは、集魚灯の光と影の境い目でヒットすることが多く、キャストして広範囲に探ることができるノもメリットです。






オモリグ : タックルはこれがベスト!

〈オススメロッド〉

リアルメソッド イカメタル GRII “オモリグ”モデル

日本製カーボン素材を採用したコストパフォーマンスの高さが人気のGR2シリーズですが、オモリグ専用モデルもラインナップにあります。
オモリグ専用として、オモリを軽快にシャクルことができるバットパワー、ベリー部は軽い振りでもキャストしやすい反発力の強いカーボン、ティップは繊細にと、部位ごとの役割に合わせた調子としています。流用ではない専用モデルだからこその価値があります。

アイテムを見る


「目感度を重視した“差”をつけるロッド」

オモリグ専用機種として、この釣りの必須要素のキャストのしやすさと、高感度両立したモデルです。食い渋ったシチュエーションでよく使われるオモリグではロッドにも、イカが寄ってきたときの繊細な抵抗の変化や穂先が震えるようなわずかなあたりも捉える感度が求められます。
ファイヤーティップシリーズはただの高感度ロッドに留まらず、蛍光オレンジの目感度を重視したティップを装備しており、本場で鍛えられた“ガチ勢御用達”として多くのアングラーに支持されています。

アイテムを見る







〈オススメリール〉

ハイエンドに迫るスペック!オモリグに必要な要素を網羅!

極細PE で20号以上のシンカーをキャストするオモリグではトラブルレスは必須要素。ヴァンフォードはロングストロークスプールを採用しており、トラブルなく、スムーズに糸が放出されます。かつてはシマノでもフラグシップにしか搭載が許されていなかったスプールですが、オモリグでも存分に性能を発揮します。さらにカーボン製の超軽量ボディで操作性もよく、もちろんドラグ性能もいうことなし、オモリグならこれで間違いないです!

アイテムを見る







〈オススメエギ〉

コストパフォーマンスNo.1!アオリイカ用エギの流用ではなく、イカメタル専用カラーで豊富なバリエーションがあり。さらにラトル入りのハイアピール仕様です。カラーを豊富にそろえることでゲーム性の高いイカメタルが思う存分楽しめます。

アイテムを見る


水平姿勢・スローフォール・フラッシュブーストの3要素が盛り込まれた“喰わせスペシャル”ドロッパーです。仕掛けを止めた瞬間フラッシュブーストがきらめきながら、水平スローフォール…釣れないはずがない、と思えるアピール力です。フラッシュブーストは様々魚種、釣り物で実績が上がっていますが、特にオモリグ用のドロッパーとは相性抜群で圧倒的に釣れます。

アイテムを見る







オモリグ : 釣り方Check!



1.まずはキャスト

キャストといっても、ただ思い切り遠くに投げるのではなく、船の照明が当たっているエリアより若干外側を狙いましょう。キャストの際は、周囲の安全を確かめてからアンダーハンドキャスト(斜め下から前方に向かって投げる)しましょう。シンカーを着底させ、ボトムをとるのが第一段階


2.“誘い&タナ”が要!

シャクってテンションフォール(ラインの張りを維持しつつ沈めていく)、というのが基本アクションとなります。このアクションを繰り返していくことで、エギをタナに合わせていきます。エギを自然に潮になじませ、水平に漂わせます。フォール中は、アタリに備えてラインの張りに注意しましょう。後のフッキング(合わせて鉤に掛けること)から取り込みの流れは、イカメタルと同様となります。

【注意】キープは丁寧に!

イカは、直接真水や氷につけてしまうと折角の釣りたてでも一気に劣化してしまいます。これを回避するために、クーラーボックスに入れる際に、イカを数杯づつに分けてビニール袋に入れましょう。なるべく重ならない方が良いので、イカ釣り用の専用トロ箱などがあればベストです!

イカを最高の状態で持ち帰る為のイカ専用のクーラートレーやクーラーボックスもあります。
この後の「もっと楽しくなるこだわりグッズ」でご紹介していますので是非ご覧ください。